バドミントンおすすめDVD

バドミントンおすすめDVD記事一覧

バドミントン選手のなかには、「なぜ強くなれないのかわからない」と嘆く方がいます。初心者の間は「練習すれば強くなれるに違いない!」と信じているので、それほど悩まずに済みますが、中級者になってくると「これだけ練習しているのに勝てない!」と上級者との壁に苦しむことになるのです。いわゆるスランプという状態ですね。いくら練習しても強くなれないという苦しみに耐えかねて、ここでバドミントンを引退してしまう選手も...

バドミントン歴はそれなりに長いのに、なかなか上達できないと悩む選手は珍しくありません。なぜならトップレベルの選手になるためには「練習時間」よりも「練習効率」のほうがよほど重要だからです。効率の悪い練習を続けているのでは、いくらバドミントン歴が長くても意味を成しません。よく「才能がある」「覚えが速い」なんて言われる選手がいますが、そういった選手は大概「効率の良い練習方法」を知っているのです。「根性が...

皆さんは不思議に思ったことはないでしょうか。「バドミントン強豪校」や「全国大会常連のバドミントンクラブ」が存在することを。人種や生活様式が丸ごと違うのならばともかく、どうして同じ国で育ち、同じ教育を受けているはずの子供たちに「強豪」と「弱小」の差が生まれてしまうのでしょうか。偶然その地域にバドミントンの上手い子がたくさん生まれてきた…なんてはずはありませんよね。結論から言って、日本国内のどの地域で...

バドミントンを続けていると、どうしても感じてしまうのが、身長や運動神経によるライバルとの差です。特にジュニア選手は同学年でも、大きな身長差が生じやすく、どのスポーツにおいても運動神経が良いと言われる子ほど成長しやすいものです。確かにバドミントンをする上で、身長や運動神経は大きなアドバンテージになるでしょう。身長が高ければシャトルに追いつく歩数やスピードも速くなりますし、運動神経が良ければ新しいテク...

バドミントンを長く続けていると、ときどき「試合になると途端に弱くなる選手」を目にすることがあります。あるいは、この記事をお読みのアナタも身に覚えがあるかもしれませんね。ノック練習ではそこそこ上手にシャトルを返せるのに、試合になると何故か全く返せない…あれほど必死になってパターンを磨いたつもりだったのに、試合ではほとんど成功することがない…そうしてアタフタしているうちに、実力の半分も出せずに試合が終...

バドミントン経験者なら、誰でも一度は「もっと上手くなるための方法を知りたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。世界で戦うプロだけが知っている「特別な練習法」があるのではないかその方法を使えば自分もプロ級の腕前になれるのではないかなんて、ついつい考えてしまいますよね。ところがネットや書籍などで調べてみると、多くのプロ選手が「特別なことはしていない」「地道に頑張るだけ」「コーチの教えに従っただけ...

バドミントンの上達法には、大きく分けて「ラケットワーク」を重要視したものと、「フットワーク」を重要視したものがあります。当然バドミントンを行う上ではどちらも大切ですし、どちらの方が優れているという議論に意味はありません。しかし学生や初心者の試合展開を見ていると、どうしても「ラケットワーク寄り」の選手が多いと感じることがあります。まだバドミントンを始めて間もない選手ほど、遠くに打ち込まれたシャトルを...

バドミントンには様々なテクニックがありますが、なかでも「スマッシュ」には花形的なイメージがありますよね。力強く鋭いスマッシュでスパッ!と点が入る瞬間は、バドミントンの試合を行う中でも特に手ごたえを感じる一瞬です。バドミントンにおいて、スマッシュの強さは大きな武器になるといって良いでしょう。少なくとも学生レベルの試合で「上手い」と言われている選手の多くは、強烈なスマッシュを持っています。ただし「スマ...

「教師が部活の顧問を兼任する」というのは、日本独自の文化です。海外の学校には「部活」というシステムそのものが無い国が多く、また部活があるとしても「専門のコーチ」が雇われるのが普通です。勉強を教えるのが仕事であるはずの教師が、子供たちの運動の面倒まで見なければいけないというのは、世界的に見るとかなり変なことなんですね。教師が半ば強制的に部活の顧問を務めるというシステムには、実は重大な欠陥があります。...

ご存知の通り、バドミントンには「シングルス」「ダブルス」の2種類があります。人数が違うだけ…と思われてしまいがちなシングルスとダブルスですが、実際にやってみると全く違うスポーツをやっているかのような難易度の違いがあります。どちらが難しいという話ではなく、「難しさの方向性がまるっきり違う」といった感じですね。実際、シングルスではそれなりに好成績を残している選手が、ダブルスを始めた途端に勝てなくなった...

バドミントンの上達において、「バランス感覚」を重要視するコーチが増えてきているといいます。もともと「バランス(balance)」は英語で「釣り合い・均衡」という意味ですが、スポーツ界隈では「姿勢や動きを保つ能力・不安定な姿勢から速やかに体勢を立て直す技術」を広く意味します。バドミントンに限らず、ほとんど全てのスポーツでバランス感覚が選手のプレーを支えています。ではなぜ、とりわけ近年のバドミントン業...

当たり前のことを言いますが、ダブルスは「二人一組」で行うものですよね。二人でコートに入るのですから、全く同じ位置に立っていては仕方がありません。そこでダブルスの選手は、互いにコートのどこを定位置にするかという「フォーメーション」をあらかじめ決めておくわけです。ダブルスのフォーメーションには、いくつか種類がありますが、なかでも最も代表的なのが「トップ&バック」。コート内の前衛に一人、後衛に一人を配置...

page top