バドミントンのコツ

バドミントンのコツ記事一覧

ラウンド・ザ・ヘッドとは、バック側に大きく打たれた球をバックハンドではなくフォアハンドで打ち返すショットです。バックに追い込まれてしまった状況でも、素早く下がって高い打点で打ち返すことができるため、身に着けておくといざというときに役立ちます。ラウンド・ザ・ヘッドの基本姿勢は、利き手を下げて反対側の手を前に出した状態です。次にラケットの面を水平にし、頭のやや後ろ側からシャトルを狙い打つようにスイング...

勝率を上げたいなら、シャトルを「相手が返しにくいところ」に送ることが大切です。素人同士の試合ならともかく、経験者同士の試合で「ただ相手コートに打ち返しただけ」のショットは多用できません。何も考えず適当に打ち返しては、相手にチャンスを与えることになりかねませんし、相手のミスを待つだけの戦法というのも消極的すぎます。すなわち、しっかりと点を重ねるためには「狙いどころ」をしっかり考える必要があるのです。...

アナタは「バックハンドグリップ」と聞いて、正しい握り方をイメージすることができますか?「そんなの常識だろ…」と思った方も当然いるでしょうが、「え?そんな握り方あったの?」と驚いた方もいるのではないでしょうか。バドミントンの握り方といえば「イースタングリップ」「ウエスタングリップ」を想像しますよね。この2種類の握り方を知らないというバドミントン選手はほとんど居ないでしょうし、大抵の選手がイースタング...

ハイバックは相手に背を向けた状態で打ち返すショットの一種です。基本的には、頭よりも高い位置に飛んできた球を打ち返すときに使われます。ハイバックのメリットは、ホームポジションの遠くに飛んできた球を打ち返しやすいということにあります。遠くに飛んだ球を全力で追いかけると体が横向きになってしまうため、そこから通常のショットの構えに戻そうとするとタイムロスが発生してしまいます。しかし体が横向きになった状態か...

バドミントンには、細かく分けると数十種類の打ち方があります。スマッシュ・クリア・ドロップなどなど…それぞれのショット法には、それぞれのメリット・デメリットがあるわけです。初心者のうちはショットの違いがよく分からず、ただ相手コートに打ち返すことに必死になってしまう方も多いでしょう。しかし同じショットを繰り返し打ち続けると球筋も読まれやすくなり、相手に手の内を読まれるリスクも高くなってしまいます。バリ...

バドミントンのフットワークには、「リアクションステップ」というテクニックがあります。感覚を掴むのに少々時間のかかるテクニックなので、初心者だとリアクションステップを考えずに試合を行っている方も少なくないでしょう。しかしリアクションステップを早めに修得しておくと、試合を有利に展開することができるようになります。リアクションステップは、フットワークの動き出しで行われる動作です。相手の返球に合わせて一瞬...

page top