バドミントンのテクニック

バドミントンのテクニック記事一覧

ネット前に落ちそうなシャトルを、ほんの少しの力で相手のネット前に跳ね返す「ヘアピン」。スマッシュに比べると地味に見えるテクニックですが、実際には世界戦でも多用されているバドミントンの王道テクニックのひとつです。ヘアピンを磨かずして上級者になることはできないと断言してしまってもいいくらいですね。パッと見は簡単そうに見えますが、実際にやってみるとヘアピンもなかなか奥が深いものです。上手い選手がやると相...

バドミントンの基本的なショットのひとつに「ドライブ」があります。ドライブは、シャトルを床とほぼ平行に飛ばす打ち方です。もちろんシングルスでもドライブが使われることはありますが、どちらかと言えばダブルスで多用されるショットですね。ダブルスの試合でドライブが好まれる理由は、ドライブの最大の狙いが「相手に甘い球を出させること」だからです。強烈なドライブを放って相手の意表をつき、球を上げさせてから次の攻撃...

バドミントンには欠かせないショットのひとつ「スマッシュ」。スマッシュも細かく分類すれば、フルスマッシュチェックスマッシュカットスマッシュ…などなどいくつかの種類に分かれます。今回はスマッシュと名のつく打ち方の中でも、実際の試合でも使われる機会の多いスマッシュ「ジャンピングスマッシュ」について考察してみたいと思います。ジャンピングスマッシュは見た目も派手ですし、スマッシュの一種ですからかなり強烈な一...

そもそもクロスネットは「ヘアピン」の一種です。ネット前に来た球を切るようにして軽い力で跳ね返し、相手側のネット前に落とし返す打ち方ですね。使うタイミング次第では相手の意表をつくことができるので、頭脳プレーを得意とする選手に好まれます。通常のヘアピンとクロスネットの違いは、球が落ちる場所にあります。単に「ヘアピン」と言うと球をどこに落とすかは決まっていませんが、比較的プレーヤーの正面に近い位置に球を...

「フェイント」の技術を鍛えると、バドミントンでの勝率は必ず上がります。プロの世界にも、卓越したフェイントで相手を騙して勝利をもぎ取る選手が多数存在します。球速が飛びぬけて速いわけでも、フットワークが人並外れているわけでなくとも、フェイントを駆使した「頭脳派プレー」を修得した途端に強くなる選手がいるのです。バドミントンに限った話でもありませんが、対戦型のルールを持つスポーツではフェイントが大きな力を...

バドミントン上級者は、試合の中で「クリア」を使うのがとても上手いものです。初心者はスマッシュ等の攻撃的なショットを多用したがりますが、クリアの使いどころを理解しないのは非常にもったいないことです。そもそもクリアとは、相手コートの奥側に高く打ち上げるショットを指します。得点を狙って打っているわけではなく、わざとシャトルの滞空時間を伸ばすことで、自分の体勢を整えることが主な目的ですね。激しいラリーの中...

バドミントンの試合で勝てない…と悩んでいる人の試合を観ると、どうも試合展開が馬鹿正直すぎることが多い気がします。スマッシュのフォームでスマッシュを打つ、右側を見ながら右側に打つ…なんて当たり前の行動ばかり取っているので、相手に動きを見切られてしまっているわけです。基礎の運動能力はそこそこ高いのに、フェイントが下手すぎて勝率が上がらないという選手は珍しくありません。逆に、パッと見はそれほど上手くない...

ワイパーショットは、ネット際ギリギリに飛んできた球を処理するときに役立つ打ち方です。入り方は通常のプッシュとよく似ているのですが、ラケットの振り方や使い道が若干異なるので、しっかりと違いを認識しておきましょう。そもそもワイパーショットの意義は「タッチネットを避ける」ことにあります。ネット際に落ちてきた球を普通に打ち返そうとすると、振りかぶったラケットがネットに当たってしまう可能性がありますよね。そ...

カットの一種として、多くのバドミントン選手に使われている「リバースカット」。少々難易度が高いショットなので、初心者にはハードルが高く思えるかもしれませんが、これをマスターすれば中級者〜上級者への道も開けるはずです!そもそもリバースカットとは、通常のラケット面とは逆側の面を使って打つ特殊なショットです。逆側の面を使って打つわけですから、当然シャトルを打ち返したときの軌道も逆側になります。つまり、右に...

バドミントンの試合における小ワザとして、「バックハンドでロングサーブを打つ」というものがあります。それほど特殊な戦法でもないのですが、この方法を上手く使うと面白いように点が入るので、覚えておいて損はないでしょう。なぜバックハンドでロングサーブを打つと点が入りやすいのか…それはバックハンドのフォームを見せると、相手が無意識に「ショートサーブ」を警戒してしまうことが多いからです。別にルールで決まってい...

page top