バドミントンダブルスについて

バドミントンダブルスについて記事一覧

シングルスとダブルスの最大の違いは、「フォーメーション」による戦略性だと思います。一人でプレーするシングルスの場合は、わりと自由に動き回ることができますが、ダブルスの場合はある程度決まった立ち位置にいたほうが有利です。同じコートに2人の人間が立つわけですから、互いに守る範囲を決めておかないと味方が邪魔になってしまいかねません。しかしコート内での役割分担がしっかりと決まっていれば、一人では到底届かな...

素人の状態から、いきなりダブルスを行う選手はあまり居ないでしょう。大抵の選手はシングルスからバドミントンを始め、後にダブルスに転向していくわけです。フットワークやショットなど、バドミントンの「基礎」の部分はシングルスもダブルスも同じです。しかし、こと「戦術」に関して言えば、シングルスとダブルスの間には「全く違う競技」と言っても過言ではないほどの隔たりがあります。仮にシングルスで大会入賞経験を持つ選...

バドミントンのダブルスには、シングルスにはない考え方がいくつもあります。特に大きな違いのひとつが「フォーメーション」ではないでしょうか。シングルスは当然一人で行うものなので、コート内を選手個人の任意で動き回って構いません。しかしダブルスはチームプレーです。一人一人が好き勝手に動きまわると互いの足を引っ張る結果になり、まともに試合を行うどころか自滅してしまいかねません。そんなことにならないよう、2人...

バドミントンのサーブには、ロングサーブとショートサーブがあります。どちらを打つべきかは状況にもよるのであえて断言しませんが、選手によっては「ダブルスなら絶対ロングサーブが有利!」と考える方もいるようです。ロングサーブを打つメリットとして、試合をコントロールしやすくなるということが挙げられます。シャトルの滞空時間が長くなるため、その分ロングサーブを相手が打ち返してくるまでに時間があります。すなわち、...

バドミントンのダブルスには、「ローテーション」という考え方があります。2人1組で試合を行うダブルスでは選手ごとに役割分担があり、大まかに前衛・後衛に分かれて試合を行います。前衛向きの選手も、後衛向きの選手もいるので、基本的には得意なポジションにつきます。しかしバドミントンの試合中には、前衛を後衛を「入れ替えないといけないタイミング」が何度もあるのが普通です。こうしたケースで、スムーズに前衛と後衛を...

page top