バドミントン・ダブルスのフォーメーション名称と戦法

【バドミントン・ダブルスにおける「フォーメーション」の名称】

バドミントン・ダブルスのフォーメーション名称と戦法

バドミントンのダブルスには、シングルスにはない考え方がいくつもあります。

 

特に大きな違いのひとつが「フォーメーション」ではないでしょうか。

 

シングルスは当然一人で行うものなので、コート内を選手個人の任意で動き回って構いません。

 

しかしダブルスはチームプレーです。

 

一人一人が好き勝手に動きまわると互いの足を引っ張る結果になり、まともに試合を行うどころか自滅してしまいかねません。

 

そんなことにならないよう、2人の役割をある程度分担するのがフォーメーションです。

 

それぞれがコート内のどこを守るのか、どちらが主に攻撃を行うのか…といった役割を、フォーメーションの種類によってある程度分けておくことができるのです。

 

一般的に、バドミントンのフォーメーションは大きく2種類に分けられます。

 

  1. 「トップ・アンド・バック」
  2. 「サイド・バイ・サイド」

です。

 

よほどトリッキーな戦い方をするダブルスか、初心者でもない限り大半のダブルスがこの2つのフォーメーションを駆使して戦います。

 

どちらか一方のフォーメーションを選択するというわけではなく、状況によってフォーメーションを使い分けるのが普通です。

 

そのためダブルスの試合で勝ちたいなら、「トップ・アンド・バック」と「サイド・バイ・サイド」の両方を修得し、それぞれの意味と役割を理解しておく必要があるといえるでしょう。

 

 

【フォーメーション@トップ・アンド・バック】

 

トップ・アンド・バックは、

  • ペアがコート上の「前後」にポジショニングするフォーメーション

です。

 

  • 主にコートの前半分に位置どる前衛
  • コートの後ろ半分に位置どる後衛

に分かれて試合を行います。

 

トップ・アンド・バックで前衛と後衛に分かれるのは、単に守る場所を分けているだけではありません。

 

前衛の役割

  • 前衛には「攻め」の役割が与えられるのが一般的
  • 前衛にはネット際でのプレーやフィニッシュといった得点に直結する働き

が求められます。

 

後衛の役割

一方で

  • 後衛には、どちらかといえばサポート役としての役割

が求められます。

 

前衛が得点を決めやすいように相手ショットを導いたり、

  • 広い範囲のシャトルを確実に拾い上げる防御力が必要

です。

 

攻めのフォーメーション

前衛という明確な攻撃役がいる

  • トップ・アンド・バックは、一般的に「攻めのフォーメーション」

と呼ばれます。
トップ・アンド・バックを長く維持するということは、相手チームを終始圧倒するということでもあるのです。

 

 

 

【フォーメーションAサイド・バイ・サイド】

 

サイド・バイ・サイドは、

  • ペアがコート上の「左右」にポジショニングするフォーメーション

です。

 

  • 主にコートの右側を守る選手
  • 主にコートの左側を守る選手

に分かれて試合を行います。

 

トップ・アンド・バックと違い、
サイド・バイ・サイドには選手ごとの明確な役割分担がありません。

 

分けるのは守る範囲だけで、強いて言えば

  • 2人とも「守り」の役割を担う

ことになるのです。

 

つまり

  • サイド・バイ・サイドは「守りのフォーメーション」

であるといえるでしょう。

 

サイド・バイ・サイドのメリット

サイド・バイ・サイドの利点は、

  • 左右にほとんど動くことなく「縦の動き」だけでほとんどのシャトルを拾える

ということです。

 

  • 落下点が見極めやすく速いスマッシュにも対応しやすい

ので、トップ・アンド・バックに比べて得点を奪われるリスクが低くなります。

 

一見すると消極的な策にも見えますが、守りが固ければ相手のミス待ちで得点をあげることも可能ということです。

 

  • 攻めに定評のある相手と戦うときにも有効

ですし、チャンスが来るまでサイド・バイ・サイドで耐え続けるというのもバドミントンの定石です。

 

 

【バドミントン・ダブルスでは前衛後衛を「入れ替える」のが基本戦法】

 

先ほども軽く触れましたが、ダブルスのフォーメーションは状況に応じて使い分けるべきものです。

 

トップ・アンド・バックとサイド・バイ・サイドも頻繁に変わりますが、特に

  • トップ・アンド・バックでは「前衛と後衛を入れ替える」のが基本戦法

となります。

 

選手によっても前衛向き・後衛向きの人がいるので、通常は得意な方を担当するでしょう。

 

しかし「後衛が得意だから前衛はやらない」なんて考え方ではダブルスで通用しません。

 

相手のショットを取るために陣形が崩れたときなど、元の状態に戻るよりも「入れ替わったほうが早い」というタイミングはバドミントンの試合中に何度も訪れます。

 

臨機応変にローテーションする

こうした状況下で元の位置にこだわらず、スムーズに前衛後衛を入れ替えることを「ローテーション」といいます。

 

  • ローテーションを行う場合は、一方の選手がシャトルを打ち込み、その間にもう一人が対角線の逆サイドのカバーに入るのが基本

です。

 

こうした「ローテーションのやり方」をしっかり身に着けておけば、いかなる状況に陥っても相手に隙を与えずに済みます。

 

逆に、入れ替えにモタついてしまうと相手に大きなチャンスを与えてしまいます。

 

修得していれば大きな武器になり、苦手なら大きな弱点になってしまうローテーション。

 

ダブルスで勝ち進んでいきたいなら、このテクニックを磨いておくことの大切さをしっかり理解しておきましょう。

 

 

ダブルスフォーメーション解説動画

 

 

バドミントンの人気の高いおすすめ教材

page top