バドミントンのダブルスにおける「ロングサーブ」への対処法

【バドミントンのダブルスにおけるロングサーブのメリット】

バドミントンのダブルスにおける「ロングサーブ」への対処法

バドミントンのサーブには、ロングサーブとショートサーブがあります。

 

どちらを打つべきかは状況にもよるのであえて断言しませんが、選手によっては「ダブルスなら絶対ロングサーブが有利!」と考える方もいるようです。

 

ロングサーブを打つメリットとして、試合をコントロールしやすくなるということが挙げられます。

 

シャトルの滞空時間が長くなるため、その分ロングサーブを相手が打ち返してくるまでに時間があります。

 

すなわち、その間にしっかりとフォーメーションを調整し「体勢を整えて待つ」ということが可能になるわけです。

 

また、単純に「打ち返しづらい」ということもロングサーブの強みです。

 

ショートサーブに比べて勢いは落ちますが、わざと高さを持たせたロングサーブは存外打ち返しにくいものです。

 

角度をつけるほど打つタイミングがズレやすくなるので、相手のミスを誘発するような効果も期待できます。

 

もちろん、ロングサーブを打つことには相手に準備の時間を与えてしまうというデメリットもあります。

 

試合を思い通りに運ぶためにロングサーブが役立つことも事実ですが、メリットばかりではないということも頭に入れておきましょう。

 

 

 

【バドミントンのダブルスで相手にロングサーブを打たれたらひるまずレシーブ!】

 

ダブルスに限らずですが、バドミントン初心者の中には「ロングサーブを打ち返すのが苦手」という選手が多いようです。

 

ロングサーブを「打つ」のはそれほど難しくないはずなのですが、意外と「打ち返す」のにはコツがいります。

 

そもそもロングサーブは高さがついた球なので、普通に打ち返そうとするとタイミングがズレて変な方向に飛んでいきやすいのです。

 

このことがロングサーブを好む選手が多い所以でもあり、相手に打たれると恐ろしいと言われる理由といえるでしょう。

 

ロングサーブの返球率を上げるためにはどうすればいいのか…と工夫した結果、変な癖がついてしまう選手も珍しくはありません。

 

しかし結論から言って、ロングサーブを返すために創意工夫をする必要はないのです。

 

ときどき、確実に返すためにロングサーブをハイクリアで返そうとする初心者がいますが、そんなことをしても焼け石に水です。

 

ロングサーブをハイクリアで返すなんて、サーブにサーブで返すようなものです。

 

では一体どうするのが正しいのか…その答えですが、

  • ロングサーブはスマッシュで打ち返す

のが正解だといえます。

 

 

たしかに打ち返しづらい球ですが、ロングサーブには「相手に打ち返すチャンスを与える」という大きな弱点があるではありませんか。

 

滞空時間が長いため、ロングサーブはどんな打ち方でも返すことができるでしょう。

 

すなわちスマッシュを打つ大チャンスです。

 

スマッシュでなくとも、攻撃力のあるショットならどれでも構いません。

 

大切なのは「確実に返球したい」という消極的な考え方ではなく、「攻撃し返してやる!」という意識です。

 

せっかく強力なショットで返せる局面で、おかしな打ち方をして相手にチャンスをお返ししても仕方ありませんよね。

 

チャンスを無碍にしないためにも、ロングサーブがきたときにはひるまず攻める意識を持ちましょう。

 

 

ダブルスロングサーブをスマッシュで返す解説動画

 

 

バドミントンの人気の高いおすすめ教材

page top