バドミントン・ダブルスで強くなるには「ローテーション」を身につけろ

【バドミントン・ダブルスの勝敗を左右する「ローテーション」の動きとは?】

バドミントン・ダブルスで強くなるには「ローテーション」を身につけろ

バドミントンのダブルスには、「ローテーション」という考え方があります。

 

2人1組で試合を行うダブルスでは選手ごとに役割分担があり、大まかに前衛・後衛に分かれて試合を行います。

 

前衛向きの選手も、後衛向きの選手もいるので、基本的には得意なポジションにつきます。

 

しかしバドミントンの試合中には、前衛を後衛を「入れ替えないといけないタイミング」が何度もあるのが普通です。

 

こうしたケースで、スムーズに前衛と後衛を入れ替えることを「ローテーション」というのです。

 

しかしバドミントンのローテーションには、ルール上の定めがありません。

 

つまり、どんなタイミングでローテーションを行うのか、どのくらいの頻度でローテーションするのか…といった条件はペアごとに違ってくるのです。

 

プレイスタイルによってもローテーションのやり方は違ってくるため、自分たちに最適なローテーションは自分たちで見つけるしかありません。

 

何度も何度も練習と実戦を繰り返すことで、そのペアに合ったローテーションのリズムは自然と身についてくるはずです。

 

 

【バドミントン・ダブルスで「前衛」がやるべき役割について】

 

トップ・アンド・バックのフォーメーションで、コートの前側に立っているのが「前衛」です。

 

 

前衛は主に「攻め」の役割を担っており、ネット際の攻防や、ここぞというときのスマッシュで勝負を決めるダブルスの肝です。

 

試合で勝るためには、前衛がいかに点を取るかということが重要です。

 

もちろん攻めだけでなく、
「スマッシュのカウンター後ろに通さないようにする」
「返ってきた甘い球を攻撃に変える」
「前に落ちてきた球をスマッシュを打たれないように返す」
といった防御の役割も担います。

 

 

【バドミントン・ダブルスで「後衛」がやるべき役割について】

 

トップ・アンド・バックのフォーメーションで、コートの後ろ側に立っているのが「後衛」です。

 

攻撃的なプレーが求められる前衛と真逆で、後衛は主に「守り」の役割を多く担っているのが特徴です。

 

「前衛が取りこぼした球を返球する」
「相手に甘い球を返させるように打つ」
といった、守備の要としての役割が期待されます。

 

バドミントンは点を取りにいかないと勝てない…という至言もありますが、後衛の守備力の高さで競り勝つことを得意としているペアも存在します。

 

 

単なるサポート役にも見える後衛ですが、実はバドミントンの勝敗に大きくかかわる重要な役どころであるといえますね。

 

 

【バドミントン・ダブルスで前衛と後衛を入れ替えるべきタイミングは?】

 

前衛と後衛を入れ替えるべきタイミングは、試合中に何度も訪れます。

 

どちらか一方のポジションにこだわらず、状況に応じたスムーズなローテーションが行えるよう練習しておきましょう。

 

 

ローテーションのタイミングは数え上げればキリがありませんが…

 

基本的な考え方として、

  • ローテーションは「穴埋め」

なのだということを頭に叩き込んでおいてください。

 

例えば前衛がラインぎりぎりのところにある球を取りに行って前がガラ空きになってしまったようなタイミング。

 

そのまま後衛に収まっていると、守備の「穴」になっているネット際に打ち込まれてしまうかもしれませんよね。

 

そうした状況を瞬時に把握して、後衛の選手がすぐに前衛に入る…

 

このように穴埋めを基準にして考えれば、ローテーションすべきタイミングはある程度図れるようにはるはずです。

 

バドミントンダブルスフォーメーション解説動画

 

 

バドミントンの人気の高いおすすめ教材

page top