バドミントンのスマッシュでは手首を「使わない」意識を持て!

【バドミントンで「手首を使ったスマッシュ」を実行する危険性】

バドミントンのスマッシュでは手首を「使わない」意識を持て!

バドミントン初心者が陥りがちな勘違いのひとつとして「スマッシュで手首を使う」という意識があります。

 

鋭いスマッシュを打つために試行錯誤した結果、手首のひねりを利用してスマッシュを打とうとしてしまう初心者は本当に多いのです。

 

上級者の試合を見ていると、それほど大きく腕を回すことなく軽い力でスマッシュを打っているのがわかります。

 

これは

  • 「回内運動」
  • 「回外運動」

という動きによって実現されているのですが、初心者の目には「手首で打っている」ように見えてしまうようです。

 

スマッシュは手首を使って打つ…という勘違いをしている限り、その選手のスマッシュは一向に速くはなりません。

 

これはバドミントンの技術がどうというより「人体の構造」に原因があることなので、いくら練習しても克服することはできないでしょう。

 

この記事を読んでいる方は、試しに手首を勢いよく曲げてみてください。

 

どれだけ全力で曲げたとしても、大したスピードは出ませんよね?

 

「手首で打つ」という意識で打ったスマッシュには、たったそれだけのパワーしか乗らないわけです。

 

それでも無理に勢いをつけようとすると、今度は手首の筋に痛みを感じるはずです。

 

いくら頑張って打ったとしても、手首を軸にしている限り「遅くて」「怪我をしやすい」というデメリットしか発生しません。

 

 

 

【バドミントンのスマッシュにおける正しい手首の使い方は?】

 

バドミントンのスマッシュにおいて、手首を軸にした打ち方が危険であることは前項でお伝えしました。

 

それでは、バドミントンのスマッシュにおける「正しい手首の使い方」とはいったいどのようなものなのでしょうか。

 

矛盾することを言うようですが、その答えは

  • 「手首を使わないこと」

にあります。

 

バドミントンでスマッシュを打つとき、手首のひねりを使って打つ上級者はいません。

 

上級者たちは、手首を軸にして打つスマッシュのデメリットとリスクをしっかり理解しているからです。

 

速いスマッシュを打つために必要なのは手首を使うことではなく、「回内運動」と「回外運動」を理解することです。

 

  • 「回内運動」とは手のひらが下を向くようにして前腕を回転させる動作のこと
  • 「回外運動」とは手のひらが上を向くようにして前腕を回転させる動作のこと

 

いまひとつピンとこない方は、ドアノブを回す動きを想像してみてください。

 

  • ドアを開けるときに使う手首の回し方が「回外運動」で、その逆回転が「回内運動」の動き

です。

 

そう、バドミントン上級者たちは厳密にいうと手首を使っているわけではなく、

  • 回内運動・回外運動を駆使して「前腕のひねり」をシャトルに乗せている

のです。

 

手首で打っても大したパワーは乗りませんが、前腕全体をうまく回転させて作り出したエネルギーをスマッシュに乗せれば、見た目の動きは小さくとも大きなパワーを発揮します。
そのためバドミントンのスマッシュをパワーアップさせたいなら、まずは「回内運動」「回外運動」を理解するところから始めるのがよいでしょう。

 

 

バドミントン減速しないスマッシュ解説動画

 

 

バドミントンの人気の高いおすすめ教材

page top