バドミントンのスマッシュを強化するための筋トレ方法

【バドミントンのスマッシュにはどの筋肉を使うの?】

バドミントンのスマッシュを強化するための筋トレ方法

ご存知の通り、鋭いスマッシュはバドミントン選手にとって大きな武器です。

 

筋力とテクニックの両方を磨いて、他の追随を許さない強力なスマッシュを身に着ける努力をしましょう。

 

さて、
スマッシュの速さは、単純な「筋力」にかなり左右されます。

 

テクニックを磨けばある程度まで速いスマッシュを打てるようにはなりますが、筋力が足りなければいずれ頭打ちになります。

 

というわけで今回は、速いスマッシュを打つための筋トレ方法について解説していきたいと思います。

 

あなたは、そもそもバドミントンのスマッシュを打つために「どの筋肉」が使われているか知っていますか?

 

バドミントンは全身運動なので闇雲に鍛えてもある程度の効果は出るでしょうが、ことスマッシュを速くしたいなら鍛えるべき筋肉をしっかり把握しておくことも大事です。

 

通常、スマッシュの速さに大きく寄与している筋肉は、ざっくり分けて

  • 背中

です。

 

腕には上腕二頭筋や上腕三頭筋、背中には広背筋に棘下筋…とそれぞれ細かく分類できるわけですが、専門的な話をすると長くなってしまうので今回は省略します。

 

スマッシュを速くすることが目的なら、筋肉の名前にまで気を配る必要はありません。

 

大まかな役割と、その部位を鍛えるための方法だけを覚えることができればOKです。

 

大まかに説明すると、

  • 腕と背中の筋肉はスマッシュのパワーアップ
  • 脚の筋肉はスマッシュをいい位置で決めるための土台作り

に役立ちます。

 

いくら腕と背中の筋肉があっても追いつけなければ意味がありません。

 

いい脚をもっていてもパワーが無ければスマッシュに勢いがつきません。

 

強靭な腕・背中・脚を合わせ持っていて初めて、上級者のような鋭いスマッシュを打つことができるようになるわけです。

 

 

 

【バドミントンのスマッシュを強化する簡単トレーニング方法3選】

 

懸垂(チンニング)

 

懸垂(けんすい)は、最も手軽で効果の期待できる自重トレーニングのひとつですね。

 

鉄棒にぶらさがり、腕を曲げることで体を浮かせる運動です。

 

シンプルですが、慣れていないと1〜2回で限界が来てしまうほどハードな筋トレでもあります。

 

懸垂によって鍛えられるのは、上半身のあらゆる部位です。

 

実は懸垂にも種類があり、順手でやるか坂手でやるか、脚を上げるか脚を下げるか…といった細かい違いによって効果の出る範囲に違いが生じます。

 

しかしいずれの方法を使っても、バドミントンのスマッシュを打つために必要な腕まわり・背中まわりの筋肉のトレーニングには効果が期待できます。

 

 

 

スクワット

 

スクワットは、道具を使わずにどこでもできる手軽な筋トレ方法です。

 

ヒザや腰への負担が大きいのでやりすぎには注意が必要ですが、脚の筋肉を鍛えるための筋トレとしては最高です。

 

スクワットで最も効果的に鍛えられるのは、脚やお尻の筋肉です。

 

それと並行して、脚やお尻の筋肉と連動した腰や背中にも負荷がかかるので、全身をバランスよく鍛えることができます。

 

正しい方法でスクワットを行えば、ジャンプ力&フットワークの向上にもつながるでしょう。

 

ジャンプ力もフットワークも、的確な位置取りでスマッシュを打つために大きく役立ちます。

 

 

 

腕立て伏せ

 

腕立て伏せは、腕の筋肉もさることながら胸・背筋を鍛えるのに非常に役立ちます。

 

背筋力は鋭いショットを打つために必要不可欠な要素であり、背中を鍛えておくとスマッシュ以外のショットにも役立つことでしょう。

 

腕立て伏せにもいくつか種類があるのですが、背筋を鍛えるのであれば通常のプッシュアップが一番です。

 

曲げたときに腕が90度の直角になるよう意識しながら、背中の筋肉で体を持ち上げるイメージでトレーニングを行ってみてください。

 

 

バドミントンの人気の高いおすすめ教材

page top