バドミントンのスマッシュがネットに引っかかる…原因チェックリスト

【バドミントンのスマッシュがネットに引っかかるのは何故か】

バドミントンのスマッシュがネットに引っかかる…原因チェックリスト

バドミントンを初めて間もない初心者のなかには、スマッシュを苦手としている選手がたくさんいます。

 

もちろん人によって失敗要因は違いますが、特に多いのが「スマッシュがネットに引っかかってしまう」というケースです。

 

スマッシュがネットに引っかかるということは、必ず何か「間違った打ち方」をしている
ということです。

 

単にパワー不足で届いていないという可能性もないとはいえませんが、スマッシュが相手コートまで届かないほど力の弱い選手はそう多くないでしょう。

 

また「力は入っているはずなのにネットに引っかかる」「スマッシュの軌道が思ったのと違う」といった悩みのある方なら、パワー不足ではなくテクニック不足の可能性が高いといえます。

 

今回は、そんな「スマッシュがネットに引っかかってしまう」というケースの原因をいくつかまとめてみました。

 

スマッシュが苦手な選手は、以下の原因に心当たりがないかどうかチェックして対策を練ってみてください。

 

 

【@コースが低い】

 

そもそも

  • 狙っているコースが低すぎる

というのもよくある原因のひとつです。

 

鋭いスマッシュを打つためには、シャトルを山なりではなく直線状に打つ必要が確かにあります。

 

しかしネット際スレスレを通るコースなんて、プロでもなければ狙って打つことはできません。

 

コースが多少山なりになったとしても、パワーの乗ったスマッシュは高い攻撃力を持つものです。

 

あまり無理してネット際を狙わず、多少高い位置を狙って打ってみると改善する可能性も高いでしょう。

 

 

【A「入れよう」という意識が薄い】

 

初心者に意外と多いのが、

  • 「入れよう」と考えていない

というケースです。

 

「入る・入らない」ではなく、「入れる・入れない」を意識してプレーするだけでもだいぶ変わります。

 

これは単に気分の問題というわけではありません。

 

人間の脳というのはよく出来ていて、「入れる」ということを意識して打つだけで体が上手く連動しやすくなるのです。

 

「入る・入らない」と考えると無意識に「運しだい」だと思い込んでしまうためうまくいきませんが、「入れる・入れない」を意識すると実力が発揮しやすくなるでしょう。

 

 

【B手首を使って打とうとしている】

 

  • 手首を使って打とうとする

と、シャトルは思ったように飛んでいきません。

 

バドミントンのスマッシュは手首ではなく「回内運動・回外運動」の働きで飛ばすようにしましょう。

 

また「パワー不足で飛ばない」と思い込んでいる選手の多くが、手首を使わないようにするだけでしっかりパワーを発揮できるようになります。

 

本来、ただスマッシュを打つだけなら大したパワーは必要ないのです。

 

大切なのはパワーではなく「体の使い方」だということを再認識しておきましょう。

 

 

【Cシャトルを打つのが遅い】

 

スマッシュがネットに引っかかってしまった事例を見てみると、

  • シャトルを打つのが遅すぎる

方が散見されます。

 

打ったシャトルを相手コートまで届かせるためには当然打点を高くする必要がありますが、シャトルを打つのが遅すぎると自然に打点が低くなるのでネットに引っかかりやすくなるのです。

 

ほんのコンマ数秒の違いですが、シャトルは「射程圏内に落ちてくるのを待つ」のではなく、「自分から動いて射程圏内に入れる」ようにしてみましょう。

 

高い位置にあるシャトルを打てば、その分ネットを超える可能性も高まりますよね?

 

 

バドミントンスマッシュをネットせずに決めるための動画

 

 

バドミントンの人気の高いおすすめ教材

page top