バドミントンのスマッシュができない…初心者向けのポイント解説

【バドミントンのスマッシュができない初心者へ】

バドミントンのスマッシュができない…初心者向けのポイント解説

バドミントンには様々なショット方法がありますが、なかでもスマッシュは花形的な存在ですよね。

 

「最速のスポーツ」と呼ばれるほど速い球のやり取りで決着するバドミントンの中でも、特に速いショットがスマッシュです。

 

公式の世界記録では、スマッシュの速さが時速493qに達した選手までいます。

 

速いスマッシュというのはそれだけで大きな武器になるわけですが…バドミントン選手にとって強力な武器になるだけに、スマッシュの技術を磨いているのはどの選手も同じです。

 

磨けば心強い武器になりますが、逆に言えば「スマッシュが苦手」ということは、それだけで「大きな弱点」になり得るということでもあります。

 

スマッシュの修得にはコツがいるので、初心者のうちは苦手だというのも仕方がないでしょう。

 

しかし苦手をそのまま放置していては、バドミントンの勝率は下がっていく一方だと覚悟してください。

 

もしもアナタがバドミントンをもっとうまくなりたいというのなら、一刻も早くスマッシュの技術を人並み以上に磨き上げておくことをおススメします。

 

 

【バドミントンのスマッシュは「打点」を前にして改善できる!】

 

いいスマッシュを打ちたいなら「打点」を意識しなくてはなりません。

 

  • バドミントンのスマッシュでは、必ず打点を「前」に置く

ことが鉄則です。

 

力を入れて打っているはずなのにシャトルが遅い…というような悩みを持つ選手の打ち方を見てみると、大抵スマッシュ時の打点が後ろにズレています。

 

後ろにズレているというよりは「下がりきれていない」といったほうが的確でしょうか。

 

体の後ろ側から余分に振ったラケットをシャトルにぶつけても、エネルギーが無駄に消費されているので鋭いスマッシュは打てません。

 

  • しっかり下がって、打点を前にしてから打つ。

 

たったこれだけのことで、スマッシュの威力は段違いに上がることでしょう。

 

しかし「打点を前にする」というのは、口で言うほど簡単なことではありません。

 

一度体に染みついてしまえば簡単に実行できるようになりますが、初心者のうちはシャトルを目で追うことに必死になりすぎて上手くいかないのです。

 

「打点を前にする」ということを忘れないよう、何度も繰り返し練習してスマッシュの「型」を体の覚えこませていきましょう。

 

 

【バドミントンのスマッシュが浮く場合の対策は?】

 

威力はそこそこ出ているのに、なぜかスマッシュが「浮く」ということに悩む選手もいます。

 

いろいろ原因は考えられますが、そのような場合にまず確認してほしいのが

  • 「打点の高さ」

です。

 

先ほどは鋭いスマッシュを打つために「打点を前にする」という説明をしました。

 

しかし正しい打点を見つけるためには前後の位置取りだけでなく、「高さ」もしっかり合わせておかなければなりません。

 

打点は高すぎても低すぎてもいけませんが…こと
「スマッシュが浮く」ということが悩みなら、その原因は高確率で「打点が低すぎる」こと
でしょう。

 

バドミントン歴の長い方の指導を受けた初心者にありがちなのですが、「腕は耳につけて打つ」というようなフォームを習ったために、打点の低さを余儀なくされているケースがあります。

 

「腕を耳につけて打つ」は20〜30年ほど前まで主流だったスマッシュの型のようなものなのですが、現在は「スイングスピードが落ちる」「肩を痛めやすい」等の理由から廃れています。

 

何より、この打ち方を無理に実行しようとすると打点が低くなってしまうため、スマッシュが浮いてしまうのが問題です。

 

もしもこのフォームに心当たりがあったら、打ち方を変えることで改善が見込めます。

 

肘の角度は110度〜150度くらいで余裕をもって開き、肘を伸ばして打点を高くすることでスマッシュの浮きを抑えることができます。

 

いきなりフォームを変えると慣れるまでに時間はかかるかもしれませんが、間違ったフォームは少しでも早く改善しておくようにしましょう。

 

 

初心者のためのスマッシュ解説動画

 

 

バドミントンの人気の高いおすすめ教材

page top